相続弁護士 ドットコム

弁護士法人松本・永野法律事務所 朝倉事務所

朝倉市の相続問題に尽力〜豊富な経験と知識を活かし、複雑な紛争をスムーズに解決

福岡県朝倉市で、地域の相続問題の解決に尽力している北島好書弁護士(弁護士法人松本・永野法律事務所・朝倉事務所所長)に、事務所の特徴や仕事をする上での心構えなどを聞きました。相続問題は、インターネット上の情報に惑わされず、個別の事情を考慮した適切な対応が重要とのこと。相続について悩んだ場合に弁護士に相談するメリットなどについても詳しくお話いただきました。(福岡県弁護士会所属)

弁護士法人松本・永野法律事務所朝倉事務所_北島好書弁護士_メイン画像
北島 好書弁護士
弁護士法人松本・永野法律事務所 朝倉事務所
受付時間
  • 平日可
  • 週末可
  • 祝祭日可
  • 24時間可

インタビュー

「不羈独立」「質実剛健」をモットーに、地域の方から寄せられる悩みに広く応える

事務所設立の経緯を教えてください。

当事務所は、60年以上の歴史ある法律事務所です。創業者の故松本成一弁護士が1960年に「松本法律事務所」(福岡市)を開設して以降、地域に密着した活動をおこなってきました。現在、福岡と長崎に5拠点を構えており、それぞれの弁護士が特徴を活かしつつ、地域の方々のお悩みに向き合っています。

私は「朝倉事務所」と「あさくら司法書士事務所」の所長を務めています。司法書士資格を有しているため、登記などの業務も並行して手がけています。事務所は朝倉商工会議所会館内にあるので、地域でビジネスを展開している方とのつながりも深いです。

事務所の理念や大切にしていることを教えてください。

事務所の創業者は開業にあたって、「不羈独立」(他の人から縛られず、自身の力だけで判断して行動すること)と「質実剛健」(中身が充実して飾り気がなく、心身ともに強くたくましいさま)の精神を掲げました。その精神を引き継ぎ、地域の方々から寄せられる様々な案件に取り組む中で培ってきた実績と信頼が当事務所の誇りです。

私が弁護士として大切にしていることは、依頼者の話をよく聞くことです。初回の相談は、最低でも1時間を確保するようにしています。丁寧に話を伺いますので、緊張せずゆったりした気持ちでお越しください。

司法書士の資格を有した弁護士が、相続に伴う様々な手続きをワンストップで対応

相続について、どのような相談が寄せられますか。

地域特有と言えるものの一つに、山などの不動産を放棄したいという相談がよくあります。財産の中に、引き継いでも管理が面倒だったり資産価値が付きにくいものがあったりする場合、放棄を検討する方が少なくありません。

相続放棄のほか、「遺産分割協議が紛糾しているので交渉をお願いしたい」という相談や、「トラブルは起きていないが手続きが面倒なので一任したい」というケースなど、様々な相談が寄せられます。生前の遺言作成や養子縁組などの相談もあります。司法書士として不動産などの名義変更に関する依頼にも多く対応しています。

比較的珍しい相談では、音信不通の相続人について失踪宣告を申し立て、他の相続人が相続手続きを始められるように対応したケースがありました。特別縁故者(相続人が誰もいない場合に、特別に財産を引き継ぐ権利が発生した人)の相続手続きをサポートをしたこともあります。複雑な案件においてはご自身での判断が難しいと思いますので、ぜひ弁護士にお任せください。

相続の案件において、大切にしていることや強みを教えてください。

相続の問題は解決までに長い時間がかかる傾向があります。長期にわたる戦いをともに乗り越えるため、依頼者の気持ちに寄り添うことを大切にしています。希望に沿う結果を導けるよう、1つ1つの手続きを丁寧に進めていきます。

相続に伴い、不動産の名義変更や登記が必要となるケースは少なくありません。当事務所は司法書士業務も行っておりますので、ワンストップでお任せいただけます。朝倉市を中心に近隣市の方々からたくさんの相談を受けており、実績や経験も豊富です。

初回の相談では、どのような対応をされますか。

まずはじっくりお話を聞きます。生前から争いがあったのか、亡くなった後にトラブルが発生したのか、どのような財産が残っているのか、遺言があるのかなど、個別の状況を詳しくヒアリングします。

必要な情報を引き出せるよう私から質問する形で進めていくので、「うまく話せないかもしれない」と心配する必要はありません。相談時間もたっぷり設定しているので、焦らずリラックスしてお話しください。

早めの相談で、専門家の意見に基づく適切な相続を

弁護士に依頼するメリットはどのような点にありますか。

相続に関する手続きを任せられることは大きなメリットの1つだと思います。ご自身でおこなうには面倒な手続きも、弁護士に依頼していただければ、迅速かつ正確に進めていきます。

最近はインターネットでも簡単に相続の情報を調べられます。検索してヒットしたページの情報を参考にする方もいますが、その情報が間違っていたり、その方のケースには該当しなかったりする場合も少なくありません。

私が実際に扱った案件では、ネットの情報を参考に手続きを進めていたところ、本来相続人となるはずの人を見落としていたことが発覚し、最初から手続きをやり直さなければならなくなったケースがありました。

相続人調査や財産調査は相続には不可欠な手続きですが、自分だけで完璧に調べ上げるのは難しい場合が多いです。弁護士に依頼していただければ、全ての相続人と財産を洗い出し、相続人それぞれの持ち分を具体的に説明します。当事者だけで遺産分割の話合いをすることが難しい場合は代理人として交渉し、名義変更や税金に関する煩雑な手続きも全て代行します。

生前対策を考えている方にも、ぜひ弁護士を活用していただきたいです。相続争いを発生させないための遺言作成はもちろん、節税対策についてもアドバイスします。

最後に、相続のトラブルを抱えて弁護士への相談を検討している方に向けて、メッセージをお願いします。

何に悩んでいるかは、依頼者によって千差万別です。相続したいのにできない方もいれば、相続したくない負債を抱えて困っている方もいます。

どのようなケースにおいても、状況を打開するための方法がきっとあるはずです。1人で抱え込まず、一度弁護士のアドバイスを聞きに来ていただければと思います。

特に争いが起こっていないという方も、煩わしい手続きを一任することでお気持ちが楽になるのではないでしょうか。ぜひお気軽にご相談ください。