相続弁護士 ドットコム

初雁総合法律事務所

吉報を届ける「初雁」のように、依頼者にとって最善の結果を届けたい

水道橋駅近くで、相続問題に注力している野口眞寿弁護士(初雁総合法律事務所)に、事務所の特徴や弁護士として仕事をする上での心構えなどを伺いました。感情の対立が激しくなりがちな相続問題に対し、依頼者の気持ちを汲み取った対応を心掛けている野口弁護士。相続について悩んだ場合に弁護士に相談するメリットなどについても詳しくお話しいただきました。(第一東京弁護士会所属)

初雁総合法律事務所(東京都文京区)野口眞寿弁護士_メイン画像
野口 眞寿弁護士
初雁総合法律事務所
受付時間
  • 平日可
  • 週末可
  • 祝祭日可

インタビュー

アクセスの良い水道橋に拠点を置き相続問題に尽力

事務所設立の経緯を教えてください。

都内の法律事務所に勤めていましたが、ありがたいことに私個人を頼っての依頼が増えてきたため独立を決断しました。水道橋駅は複数の路線が乗り入れており、交通アクセスの非常によいところです。通勤途中などに来所しやすく、依頼者から好評を得ています。

「初雁」という事務所の名前は、渡り鳥の雁が吉報を持ってくる鳥と言われていることに由来しています。「依頼者の方にとってよい結果を、しかも最も早くお伝えしていく」という決意を込めました。

相続問題に注力する中で、大切にしていることを教えてください。

相続に限りませんが、まずはしっかり事情を聴くことを大切にしています。依頼者が抱えている悩みや心配ごとを丁寧にヒアリングした上で、ご希望も踏まえて方針を立てていきます。

相続問題は相続人や財産の調査、各種の手続きなどが煩雑なため、解決まで時間がかかるケースが多々あります。依頼者の中には、他の弁護士に相談したところ、「複雑な手続きが必要になり時間がかかるので、妥協してはいかがですか」と言われたり、「主張しても無駄ですよ」などと諦めるよう促されたりした経験がある方もいます。

ですが私は、「手間を惜しまない」ことをお約束します。依頼者の気持ちに寄り添い、意向を汲み取って、希望に沿う結果を導けるよう対応を進めます。相手方とも粘り強く交渉し、いかに複雑な案件に対しても労力を惜しまず取り組む所存です。

感情が大きく動く相続問題。依頼者の悔しさや納得できない気持ちを汲み取る

相続について、どのような相談が寄せられますか。

相続人の一人が財産を管理している状態で生前の使途に疑問点があるという相談や、そもそも管理している財産の内容すら教えてくれないというような相談があります。財産を調査してみたところ、多額の金額が既に使われていたというようなケースもありました。

当事者だけでは話合いを進められず、弁護士に入ってほしいということで相談される方も多いですね。相手方は自分の利益を守ろうと強固な姿勢で主張してきますが、法的な知識やノウハウを駆使し、毅然とした対応で交渉を進めます。

事務所の強みや特徴を教えてください。

相続問題は離婚問題と同様に、感情が大きく動く案件です。「被相続人と同居していたという理由で、財産を多く引き継ぐと主張している相続人がいる。納得できない」「ずっと世話をしてきたのに、被相続人のお金を不当に使い込んだと思われている」ーー。相続をきっかけに、こうした不平等感や悔しさが噴出し、相続人同士の関係に亀裂が入ることが少なくありません。

近しい間柄の人との関係が悪化することは非常に辛いものです。依頼者のストレスを少しでも軽くできるよう、感情面のケアには特に心を配り、不安なことがあれば気持ちが落ち着くまでじっくりお話を伺います。相続案件は解決までに長い時間を要することが多いため、ともに戦うパートナーとして依頼者を支え、心情に寄り添った対応をすることを心がけています。

弁護士が介入するメリットを教えてください。

当事者で話し合っても折り合いがつかない場合、弁護士が代理人となり、第三者の立場から話し合いを取り仕切ることで、スムーズな協議成立を目指せます。意見が対立する相続人との交渉も弁護士が代わりにおこなうので、心理的な負担が軽くなる点もメリットです。

ただし、対立が特に激しいケースでは、弁護士が入ってもなかなか話合いが進まないことがあります。その場合は、遺産分割調停や審判、場合によっては訴訟手続きを順次進めます。もちろん、話合いで解決できればそれに越したことはありませんが、他の手続きの方が適切だと判断した場合は早めに方針を転換し、裁判所の手続きに乗せていきます。

調停や審判に移行した場合も弁護士が代理人となって相手方と交渉をおこないますので、安心してお任せください。裁判所での手続きを初めて経験する方の不安を軽減するため、手続きの流れや解決までの見込みをわかりやすく丁寧にお伝えするようにしています。

依頼者の悩みを取り除き、この先の人生がより良いものとなるように

初回相談の流れを教えてください。

初回の相談では、依頼者が置かれた状況を詳しく伺います。これまでにどのようなトラブルがあったのか、時系列を整理しながら話を聞き、不満に思っていることや希望する解決について把握します。

悩みごとについてじっくり伺いますので、どうか肩の力を抜き、楽な気持ちでお越しください。

最後に、相続のトラブルを抱えて弁護士への相談を検討している方に向けて、メッセージをお願いします。

法律事務所に相談しようと思った際には、ぜひ1人の弁護士だけでなく、2〜3人の弁護士に相談してみることをおすすめします。

弁護士によって、事件の進め方や主張の仕方などは大きく異なります。病気で手術を受ける際にほかの医師にセカンドオピニオンを聞くように、弁護士に依頼する際にも、複数人の対応を比較してみてください。説明の仕方や方針に納得できる弁護士に依頼すれば、きっとよい解決につながるはずです。

病気やケガを治すのが医者の仕事なら、弁護士は、依頼者のこの先の人生を治すことが仕事であると思っています。今ある悩みを解決し、明るい未来を切り開きましょう。弁護士として、皆様の今後の人生がよりよいものになるよう尽力いたします。